お問合せ たきやまホーム くもちホーム 東川崎のページ

社会福祉法人イエス団

シルバーハイツ

筒井・南本町・日暮・大倉山の4圏域にて、シルバーハウジングに入居されている高齢者の見守り・生活相談・コミュニティつくり等を行なっております。

 生活援助員

  1. シルバーハウジング・プロジェクトとは
    シルバーハウジング・プロジェクトは、高齢者に対する「居住の安定」と「社会福祉サービスの増進」を目的として、福祉政策と住宅政策を密接に連携させて高齢者に配慮した住宅や設備と、ライフサポートアドバイザーによる福祉サービスの提供を行う事業です。
  2. 目的
    高齢者の世帯が地域社会の中で自立して安全かつ快適な生活を送るために、高齢者の安全や利便に配慮して設計・設備がなされた住宅で適切な福祉サービスを受けられるようにすることです。
  3. LSAの基本的考え方
    シルバーハウジング・プロジェクトにおいては、高齢者が心身の健康を保ち、地域社会の中で自立して安全かつ快適な生活を営むことができるような各種の配慮がなされ、また、福祉サービスが適切に受けられるように、高齢者の心身の変化に対応して在宅生活を支援するライフサポートアドバイザー制度が組み込まれています。
    ライフサポートアドバイザー(LSA)は、主に、その生活指導・相談、安否確認、緊急時の対応などにおいて、福祉サービスを提供することが役割です。なお、LSAが、高齢者の在宅生活を円滑に支援していくため、行政の担当部局との密接な関係を維持しつつ、関係する保健・医療・福祉などの地域諸機関との連携を図っていきます。

 高齢世帯生活援助員(見守りサポーター)

災害復興公営住宅に居住する見守りの必要な被災高年齢者等に対し、訪問等を通して、生活相談、安否確認を行うと共に、良好なコミュニティ作りを側面的にサポートし、生きがいを持ち安心した自立生活を営めるように支援しています。

 見守り推進員

民生委員や友愛訪問ボランティア等と連携・協働を図りながら、社会福祉協議会による統括・支援のもと、あんしんすこやかセンターの機能を活用して地域見守り活動を支援しています。見守りに関する相談及び通報対応をはじめとして、地域のふれあい給食・行事等への参加や、「チョットみみより」広報紙(隔月発行)を利用し生活情報の提供等も行っています。


Copyright (C) CARE CENTER SHIN-AI. All Rights Reserved.